素晴らしい効果を感じさせてくれる

素晴らしい効果を感じさせてくれる

 

自分の髪を頭皮ごと移植するといったAGA治療の最後の手段と言える自毛植毛ですが、そのメリットやデメリットがあります。

 

脱毛への対処法として人工毛の植毛に変わり登場したものが自毛植毛ですが、人工毛では拒絶反応による頭皮のはれや化膿や抜け落ちの危険性が高いのですが、自分の毛髪を頭皮ごと移植するといった自毛植毛は拒絶反応のリスクを抑えるために実用化へ研究がすすめられたのです。

 

そして、開発当初の自毛植毛は移植片が大きくて10本程度の毛髪の束を一株としていたので失敗が多かったのですが、その後研究により移植片が小型化されて密生した植毛ができるようになったのです。

 

実際に行われている自毛植毛は2通りあり、マイクログラフト法は1本から3本の毛髪が生えた1ミリ程度の頭皮片を一株年植毛針で1株ずつ頭皮にうえこんで行くといった植毛法であり、今の日本の植毛法はとても一般的方法であり、植毛針による施術のために傷跡が残りにくくて、生え際などに使えるといったメリットがあるのです。
そして髪は4本程度で1つの集まりになりはえてくるのです。